fts
直販流通協会
再生可能エネルギー
スマートでんき正規販売代理店

エコキュート凍結防止について

ホーム >>凍結防止

エコキュートの配管が凍結し、お湯が使えないときの対応

夜間の気温が0℃以下になると、保温対策をしていても配管が凍結し、お湯が出なくなることがあります。
外気温が上昇すれば凍結部分が溶けて自然とお湯が出るようになります。すぐにお湯を使用しないのであれば、
お昼頃までお待ちください。
※0℃以下になると必ず起こることではなく、強い寒気が数日続いたとき凍結することがあります。

少しでも早くお湯を使用したい場合は、外気に触れている給水配管や給湯配管にタオルや衣類を巻いてゆっくりとぬるま湯をかけてください。お湯が出るようになりましたら、配管に巻いたタオル等を交換してください。
※熱湯をかけると配管が破裂する可能性がございますのでご注意ください。

エコキュート循環用配管凍結の予防策

・循環口より10cm以上浴そうにお湯(水)を張ったままにする
・むき出しになっている給水、給湯配管、ふろ配管にタオルや衣類を巻いたり、ダンボールやシート等で配管に直接風が当たらないよう風よけをする


一覧に戻る